2008年09月05日

脚ブロック

心臓は、心臓自身が「刺激」を発生し、それが心臓全体に伝えられることによって収縮と拡張を繰り返します。この刺激が発生するのは、洞結節という、心房の筋肉の一部です。
脚ブロックとは、不整脈のタイプのひとつで、洞結節で発生した刺激が、房室結節から左右の心室に分かれたあとの伝道経路になんらかの支障が生じたときにおこります。

右脚の伝道障害を「右脚ブロック」といい、左脚の伝道障害を「左脚ブロック」といいます。ただし、脚ブロック自体ではなんらの症状も出ません。心電図を調べてみてはじめて発見されます。

脚ブロックの治療
1.基礎となる心臓病がない場合・・・リズムが安定していて、基礎となる心臓疾患がない場合には、治療の必要はほとんどありません。ただし、定期的に検査を受け、症状に変化がないかどうか、確認したほうがよいでしょう。
2.基礎となる心臓病がある場合・・・基礎となる心臓病の治療が中心となります。ただし、治療による副作用に注意します。
3.リズムが不安定で徐脈や心停止が生じる場合・・・人工ペースメーカーを胸に植え込み、規則的な電気刺激を人工的に心臓に送り、心臓の動きを整える治療法がとられます。
*人工ペースメーカー・・・心臓が一定の時間以上、停止したままになったときに、器械がそれを感知し、自動的に電気的な刺激を発生して心臓の収縮をおこす、というものです。現在、日本で新たにペースメーカーを植え込む人は、年間で約1万人にのぼるといわれ、年々広まってきています。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アダムス・ストロークス症候群

徐脈型不整脈(じょみゃくせいふせいみゃく)のひとつ、房室ブロックなどで起こり、場合によっては死に至るケースもあるのが、アダムス・ストロークス症候群です。

アダムス・ストロークス症候群は、心臓の異常が原因で心臓の動きがとまってしまったときに、心臓から脳へ血液が送られなくなり、意識を失ってしまう病気です。通常、数秒から数分で意識を回復しますが、なかには心臓の動きがなかなか再開しない場合もあります。そして意識が戻らないまま死亡するケースもあります。

したがって、心臓の動きが再開し、意識が回復した場合は、「アダムス・ストロークス発作」と呼ばれますが、死にいたった場合には、突然死や心臓麻痺(しんぞうまひ)と呼ばれることになります。

アダムス・ストロークス症候群の症状
アダムス・ストロークス症候群では、心臓から脳へ血液が送られなくなります。脳の血液不足が短時間ですんだ場合には、突然、目の前が真っ暗になったり、意識が遠のくように感じ、手足の力が入らないような感じがする程度です。
しかし、数秒以上、脳へ血液が送られない状態が続くと、失神します。意識を失い、眼球がつりあがり、痙攣(けいれん)を起こす場合もあります。

「てんかん」との違い
突然、意識を失い、痙攣を起こす病気として、アダムス・ストロークス症候群のほかに「てんかん」があります。ただし、アダムス・ストロークス症候群と異なり、てんかんの場合には、意識が戻ったあと、ぐっすりと眠ったような状態になります。一方、アダムス・ストロークス症候群の場合は、意識が戻ると急速にはっきりとしてきます。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アダムス・ストロークス症候群への対応、診断、治療

てんかんとよく似た症状を示し、突然、意識を失い、痙攣を起こす病気に、「アダムス・ストロークス症候群」があります。不整脈のタイプのひとつである、房室ブロックなどでは、アダムス・ストロークス症候群を起こすことがあります。アダムス・ストロークス症候群は、心臓の異常が原因で心臓の動きがとまってしまったときに、心臓から脳へ血液が送られなくなり、意識を失ってしまう病気です。

アダムス・ストロークス発作の際の対応
数秒から数分で意識を回復することもありますが、なかには心臓の動きがなかなか回復せず、意識が戻らないまま死亡するケースもあるので注意が必要です。発作を起こし、意識を失った場合には、すぐに救急車を呼びます。
心臓が止まってしまっている場合には、急いで心臓マッサージをします。呼吸が止まっている場合には、人工呼吸も同時におこなう必要があります。

アダムス・ストロークス症候群の診断と治療
アダムス・ストロークス症候群の診断は、心電図検査によっておこないます。ただし一般の心電図検査では、記録できるのはせいぜい数十秒以下であることから、その間に異常が見つかるとは限りません。そのため、24時間の心電図記録が可能である「ホルター心電計」を携帯して発作が起こったときの心電図を記録したり、運動をして関係のある不整脈を故意的に起こして、調べます。

アダムス・ストロークス症候群の原因が、心室の停止である場合は、心室の収縮を人工的に起こさせる「ペースメーカー」という機器を胸に植え込みます。
心室細動などの不整脈が起こっている場合には、電気ショックをかけて正常なリズムを取り戻します。そのあと、予防的治療として、「抗不整脈薬」を用います。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

循環器系の薬

心臓と血管といった、循環器系の血液の流れに障害が生じた場合に用いられる薬には、次のものがあります。

●心臓病に対する薬
・強心薬(きょうしんやく)・・・心臓のポンプ能力を高める作用をする薬です。弱った心臓の筋肉「心筋(しんきん)」に直接働きかけて収縮力を高め、血液を活発に送り出します。強心薬の代表的なものは、ジギタリス(強心配糖体(きょうしんはいとうたい))です。
*主な薬・・・強心配糖体、キサンチン誘導体、カンフル類、交感神経興奮薬(アドレナリン作動薬)、など。

・不整脈用薬(ふせいみゃくようやく)・・・心臓は通常、1分間に70回前後、」規則的に拍動しています。ところが、不整脈になると、心臓の拍動の規則性や頻度に異常がきたします。原因は心臓の働きそのものにある場合と、興奮伝達系に異常がある場合があります。
*主な薬・・・局所麻酔薬のプロカイン誘導体・プロカインアミド、ベータ遮断薬、局所麻酔薬のリドカインや抗痙攣薬(こうけいれんやく)のフェニトインなど。

そのほか、心臓病には、狭心症治療薬(きょうしんしょうちりょうやく)や利尿薬(りにょうやく)も用いられます。

●血管系の疾患に対する薬・・・血圧降下薬(けつあつこうかやく)、血管拡張薬(けっかんかくちょうやく)、動脈硬化用薬(どうみゃくこうかようやく)、など。

●脳血管の疾患に対する薬・・・脳・末梢血管拡張薬(のう・まっしょうけっかんかくちょうやく)、脳循環代謝改善薬(のうじゅんかんたいしゃかいぜんやく)。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもの胸痛と不整脈

特に小さなお子さんの場合は、体調が悪くてもそれを自分の言葉でうまく表現できないことが多いので周囲の大人が注意し、何か変わった様子がないか、気にかけてあげることが大切です。

たとえば、お子さんが「胸が痛い」と訴えた場合、それが単なる筋肉痛なのか、それとも重篤な心臓病などの疾患の兆候なのか、なかなか判断がつきません。
胸のどのあたりが痛むのか、どれほど痛みが続いているのか、何か痛みを引き起こす原因など思い当たることはないか、呼吸との関連はどうか、が、観察のポイントとなります。

胸痛の原因となる病気には次のものがあります。呼吸器、心臓、消化器、胸壁の疾患、あるいは心因性のものもあります。
●精神的な胸痛・・・過換気症候群
●心臓の病気・・・不整脈、大動脈瘤、心外膜炎、肺高血圧、虚血性心疾患(川崎病)、など。
●胸壁の病気・・・筋肉痛、帯状疱疹、乳腺の疾患、椎間板症、など。
●呼吸器系の病気・・・胸膜炎、肺炎、自然気胸、など。

学校の検診で、不整脈が発見されると、ご両親は非常に心配になってしまいますよね。何か重篤な心疾患があるのではないか・・・と考えがちです。しかし、不整脈の必ずしもすべてが病的なものとは限りません。なかにはまったく心疾患を伴わない良性の不整脈もあります。

たとえば、洞性不整脈(どうせいふせいみゃく)、洞性徐脈(どうせいじょみゃく)、期外収縮(きがいしゅうしゅく)など、頻繁に発見されますが、心配のいらない不整脈です。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学校の検診で子どもに

学校の検診で子どもに不整脈が見つかることが多くあります。もちろん、なかには病的な不整脈もあり、早期検査と治療が必要なものもありますが、おおむね、問題がない場合が多いです。
ただし、なかには心疾患を疑われる病的な不整脈が存在することも確かですから、一度、きちんと検査を受けておくことがご両親にとっても、またお子さん自身にとっても安心でしょう。

心配する必要のない不整脈には、以下のものがあります:
●洞性不整脈(どうせいふせいみゃく)(=「呼吸性不整脈」)・・・息を吸うときに心拍数が増え、息を吐き出すときに心拍数が減るというものです。子どもによく見られます。心配ない不整脈のひとつですが、あまり程度が激しい場合には、なんらかの心疾患の可能性があるため、運動を制限されることがあります。
●洞性徐脈(どうせいじょみゃく)・・・1分間に50から60回しか心拍数がないものです。
●期外収縮(きがいしゅうしゅく)・・・非常によくみられる不整脈です。運動することで自然に消えてしまう良性のものです。ただし、なかには運動するとかえって増加してしまうものもあり、そのような場合には病的な不整脈として早期検査が必要です。

一方、精密検査と、場合によっては治療が必要となる不整脈には、以下のものがあります。心疾患に限りません:
●多源性心室性期外収縮(たげんせいしんしつせいきがいしゅうしゅく)・・・心筋の異常が疑われます。
●先天性心疾患(せんてんせいしんしっかん)
●甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)
●高血圧
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相談機関

不整脈は、なんら自覚症状がなく、心電図検査をおこなってはじめてなんらかの異常が見つかった、というケースもあれば、逆に、動悸や胸の不快感といった、自覚症状に悩まされながらも、検査によって発見できない場合もあります。
自覚症状がありながら、検査を受けると何の異常も見つからない、という状態は、実際、非常に不安なものです(むしろ、はっきりとなんらかの病気と診断され、しかるべき治療やその後の予後について、情報を得られたほうが、ずっと精神的に楽になります)。

不整脈は、精神的な要素も大きく関与しますので、不安を抱えたまま一人悩むのではなく、どなたかに相談することはとても有益です。

医師の診断を受けてはっきりと異常がみつからなかった場合、または医師の診断を受けてはおらず自覚症状に悩んでいらっしゃる場合、以下の相談窓口に問い合わせてみられてはいかがでしょう:

●「地域医療評議会」(健康情報センター)
・問い合わせ方法・・・電話、手紙(返信用切手を同封)
・〒180 東京都武蔵野市吉祥寺南町1−4−1 井の頭ビル7階
・電話・・・0422−43−8397(月曜日〜金曜日の13時〜17時)
・ファックス・・・0422−43−8302
・費用・・・相談は電話無料、面接は予約制で30分 \5000

●「ささえあい医療人権センター」COML
・問い合わせ方法・・・電話、手紙、ファックス
・〒530 
大阪府大阪市北区西天満4−1−11 昭栄ビル南館305
・電話・・・06−314−1652
・ファックス・・・06−314−3696
・費用・・・相談無料
*ニューズレター「COML」を月1回発行。年間購読料 \4000
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳血管障害

脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳の血管障害が原因で起こる病気の総称で、「脳血管障害(のうけっかんしょうがい)」が正しい名称です。脳の血管に異常が起こり、突然、意識がなくなり、手足の自由が利かなくなる病気です。

脳卒中(脳血管障害)は、大きくわけると、「脳出血」、「脳梗塞(のうこうそく)」「くも膜下出血(くもまくかしゅっけつ)」の3つになります。

●「脳出血(のうしゅっけつ)」
「脳溢血(のういっけつ)」ともいいます。
脳の小さな動脈が破れて脳内に出血が起こる病気です。手足の麻痺(まひ)や意識障害などの症状が出ます。出血した場所によって、細かく分類されます。高血圧性脳出血が大部分を占めます。

●「脳梗塞(のうこうそく)」
脳の血管が詰まってしまったために、そこから先に血液が行かなくなり、脳への血流が減って脳の組織が死んでしまう病気です。
脳梗塞は、病気の成り立ちにより、大きく「脳血栓症(のうけっせんしょう)」と、「脳塞栓症(のうそくせんしょう)」に分けられます。

●「くも膜下出血(くもまくかしゅっけつ)」
頭蓋骨(ずがいこつ)の下にあり、脳や脊髄(せきずい)上部を包む膜を「くも膜」といいます。「くも膜下出血(くもまくかしゅっけつ)」というのは、この膜の内側にある動脈が破裂して出血する病気です。動脈にできたこぶが破裂することが原因で、これが破裂すると突然の激しい頭痛、吐き気、嘔吐(おうと)といった症状が出ます。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 脳卒中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳出血

脳の血管障害が原因で、突然、意識がなくなり、手足の自由が利かなくなる病気・・・主に、「脳出血」、「脳梗塞(のうこうそく)」「くも膜下出血(くもまくかしゅっけつ)」の3つ・・・を総称して「脳卒中」といいます。脳卒中は、正しくは、「脳血管障害」といいます。

脳出血
このうち、「脳出血(のうしゅっけつ)(「脳溢血(のういっけつ)」)」とは、脳の血管が破れ、脳内に出血が起こり、意識障害や麻痺(まひ)がおきる病気です。
出血場所によって、5つに分類されます。

1.被殻(ひかく)出血
2.視床(ししょう)出血
3.脳幹(のうかん)出血
4.皮質(ひしつ)・皮質下出血
5.小脳(しょうのう)出血

このうち、出血場所として最も多いのは、1.被殻(ひかく)出血と2.視床(ししょう)出血です。このふたつだけで脳出血の8割を占めるといいます。

脳出血の発作は、いつ起こるかわかりません。仕事、食事、入浴、あるいは用便の最中に起きる可能性があります。興奮して精神的ストレスがかかったときにも起こりやすいといわれます。
血圧が高くずきんずきんとした頭痛がある、目が見えにくくなってきた、といった症状が脳出血の発作の前触れとなることがありますが、このような症状が何もなく、突然、起こることも少なくありません。

脳出血を起こすと、意識障害や麻痺などの「局所神経脱落症状(きょくしょしんけいだつらくしょうじょう)」を示します。脳には、それぞれ役割分担があり、「局所神経脱落症状」というのは、損傷を受けた部分のはたらきがなくなって起こる症状をいいます。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 脳卒中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死亡率

脳卒中(脳血管障害)は、昭和26年にそれまで日本人の死亡率のトップを占めていた、結核にかわってトップに躍り出ました。その後、ずいぶんと長いあいだ、首位に位置していましたが、昭和45年ころからしだいに減り始めました。
脳卒中(脳血管障害)の3つ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血のすべてについてずいぶんと減っています。そして昭和60年には、心臓病よりも少なくなり、第3位になりました。

脳卒中(脳血管障害)の3つ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血の内訳は、かつては、1位が脳出血、2位がくも膜下出血、3位が脳梗塞でした(1960年)。日本人には、脳出血が多く、脳梗塞は少ないというのが一般的な傾向だったのです。

しかし平成に入り、平成7年には脳梗塞が脳出血の2倍以上になっています。このような脳出血と脳梗塞が逆転した理由は、4つ考えられます。
1つは、医療技術の進歩(CTスキャン)により、両者の区別が容易になったことです。脳出血は、脳の血管が破れて脳のなかに出血するものであるのに対し、脳梗塞は、脳の血管がつまってそこから先に血液が流れなくなることから脳の組織が死んでしまう病気です。
2つは、精力的に実態調査がおこなわれるようになったことです。
3つは、脳出血の大部分を占めるのが、高血圧性脳出血なのですが、この高血圧の管理が比較的よくおこなわれるようになったことがあります。
そして4めとしては、環境、特に食生活の変化によって、動脈硬化による病気が日本人に増えているということです。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 脳卒中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。