2008年09月05日

期外収縮

不整脈とは、心臓の収縮のリズムが乱れた状態を言い、1.脈が増えるタイプの不整脈・・・頻脈型不整脈(ひんみゃくがたふせいみゃく)、2.脈が少なくなるタイプの不整脈・・・徐脈型不整脈(じょみゃくがたふせいみゃく)に分かれます。
1.頻脈型不整脈には、期外収縮(きがいしゅうしゅく)、発作性頻拍(ほっさせいひんぱく)、心房細動(しんぼうさいどう)、心房粗動(しんぼうそどう)、心室細動(いんしつさいどう)、心室粗動(しんしつそどう)、洞性頻脈(どうせいひんみゃく)などの種類があります。
2.徐脈型不整脈には、房室ブロック(ぼうしつぶろっく)、洞不全症候群(どうふぜんしょうこうぐん)、脚ブロック(きゃくぶろっく)といった種類があります。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)
脈が飛ぶような感じがし、一回単位でときどき心臓の収縮が速くなるタイプの不整脈です。不整脈のなかでももっとも多いタイプで、ホルター心電計(携帯用の心電計で、24時間の心電図を連続して記録するためのもの。一般の心電図では長くても10秒以下の記録のため、捕らえきれない不整脈が多いことから、用いられます)を使って24時間の心電図をとると、ほとんどすべてといっていいほど、多くの人に見つかります。
期外収縮は、「早期収縮」とも呼ばれ、刺激が本来とは違った位置で発生することから起こるものです。ちょうど、歩いていてたまたまそのとき、つまずいた、といった感じです。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期外収縮の原因

不整脈のひとつのタイプに「期外収縮(きがいしゅうしゅく)」があります。」
期外収縮は、心臓が収縮と拡張をおこなうために、心臓自身に向かって出す「刺激」が、本来刺激が起こるはずの位置(心房の筋肉の一部である洞結節)とはちがった位置から発せられるために起こるものです。
刺激の発生位置によって、次の種類に分かれます:

●「上室性期外収縮(じょうしつせいきがいしゅうしゅく)・・・刺激が心房あるいは房室結節付近で発生した場合で、命の危険はありません。
●「心室性期外収縮」(しんしつせいきがいしゅうしゅく)・・・刺激が心室で発生した場合。心臓麻痺の前兆になるような重篤なものから、病的なものではまったくないものまでさまざまです。

期外収縮は、先天性の心疾患や弁膜症が進行し、心臓肥大が目だってきた場合に、心臓の筋肉(心筋(しんきん))が変化したことが原因で起こることもありますし、心不全の場合に心筋が変化して期外収縮が生じることもあります。
また、心臓になんらかの異常や病気がない場合でも、疲労や、睡眠不足、喫煙、飲酒、刺激物(カフェイン・・・コーヒーやお茶)のとりすぎ、などが原因となって一時的に期外収縮が起こる場合が、あります。とはいえ、心臓に病気がある人を除けば、これらの一時的な期外収縮は、ほとんど心配ありません。放置しておいても大丈夫ですが、症状が気になる場合には、症状の誘因となる疲労や睡眠不足、飲酒、刺激物の摂取を控えるようにしてみてはどうでしょう。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

注意が必要な期外収縮

期外収縮は、不整脈のなかでももっともよく見られるもので、24時間の携帯用心電計(ホルター心電図)を用いると、ほとんどすべての人に認められます。

期外収縮の自覚症状
期外収縮の自覚症状は、主に動悸(どうき)ですが、これもあったりなかったり人によってさまざまです。安静時でも、期外収縮が起こると、胸部にもやもやとしていやな感じを覚えたり、ドキンドキンとするなど、微妙な不快感があります。

期外収縮の危険性
心臓疾患を持っていない場合でも、疲労や飲酒などで一時的に期外収縮が起こります。このような場合は、本人が気にならないようなら放置しておいても大丈夫でしょう。
一方、もともと心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)、心筋梗塞、心不全などの心臓病がある人に期外収縮が起こった場合、心筋になんらかの変化が起こったなど、症状が進行したことを示します。したがって専門医に相談し、しかるべき治療を受ける必要があるでしょう。

期外収縮の治療
心電図で、心室性期外収縮の波形がそろっていない、あるいは間隔が極端に短い、何度も期外収縮が連続して起こる、といった場合、「心室細動(しんしつさいどう)」という不整脈の一種の前兆の可能性があります。この危険が考えられる場合には、冠動脈疾患集中治療室(かんどうみゃくしっかんしゅうちゅうちりょうしつ)(CCU)への入院が必要です。厳重な監視のもとで、抗不整脈薬(こうふせいみゃくやく)による治療を開始します。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発作性頻拍

不整脈には、大きくわけて、脈が増えるタイプの不整脈(頻脈型不整脈)と脈が少なくなるタイプの不整脈(徐脈型不整脈)があります。

さらに、頻脈型不整脈のなかに、「発作性頻拍(ほっさせいひんぱく)」という種類も不整脈があります。

正常な場合、脈は1分間に50〜70回前後です。ところが、発作性頻拍は、安静時に突然、脈が1分間に150〜200回以上にも増えます。よく似た症状を示すものとして、「心房細動(ほっさせいしんぼうさいどう)」があります。脈拍が1分間に150回を超えるような場合、発作性頻拍か心房細動のどちらかの可能性が疑われます。

発作性頻拍の種類
心臓は収縮と拡張をおこなうために、心臓自身に向かって「刺激」を発しています。発作性頻拍は、刺激が発生する位置の違いから、次の2つにわかれます:

●心房や、心房と心室の境界あたりから刺激が発生した場合・・・「発作性上室性頻拍(ほっさせいじょうしつせいひんぱく)」。
*WPW症候群の60パーセント以上に、室性頻拍が合併します。発作性頻拍の大部分は、上室性頻拍です。

●心室から刺激が発生した場合・・・「発作性心室性頻拍(ほっさせいしんしつせいひんぱく)」。
*心臓病をもつ人に多くみられます。心筋梗塞の初期、特発性心筋症、および心筋に変化が生じる病気で起こることもあり、注意が必要です。また、心不全の治療薬(ジギタリス製剤)の長期服用者に起こりやすくなるともいわれています。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発作性頻拍の症状と発作

安静時に脈拍が1分間に150回から200回にも増えた場合、発作性頻拍か心房細動のどちらかの可能性が疑われます。

発作性頻拍の症状は、以下のものです:
●脈の増加
●激しい動悸
●息苦しさ
●胸苦しさ
●胸痛
●冷や汗
●吐き気
●血圧低下によるめまい、意識の喪失
*さらに、以上の症状を経験した結果として、不安神経症になる人もいます。

発作の起こり方
発作の持続時間は、人によってさまざまです。1分以内でおさまる人もいれば、数日続くこともまれにあります。また、頻繁に起こる人もいますが、長年続くということは、まれです。発作が終われば、すっと症状が消えてしまいます。

発作が起こったときの対処の仕方
発作性上室性頻拍と発作性心室性頻拍で、その対処の仕方が異なります。
発作性上室性頻拍の場合
1.上室性頻拍の発作が起こったときには、息を大きく吸います。そのままできるだけ長く、息を止めていきみます。かがんでみます。これだけで収まる場合もあります。
2.1をおこなってみて効果がなかった場合には、のどに指をつっこんで舌の付け根を圧して吐くようにします。あるいは冷たい水を一気に飲みます。
3.眼圧加圧、頚動脈洞加圧。これらの方法は、危険が伴うことがあるので、医師が行います。
*以上の1〜3の方法は、あくまで発作性上室性頻拍のためのもので、発作性心室性頻拍には効果がありません。

4.これらの方法を試してみても発作がおさまらない場合には、抗不整脈薬やジギタリス製剤による薬物療法や、電気ショックによる通電療法がおこなわれる場合もあります。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発作性心室性頻拍の発作

発作性頻拍は、発作性上室性頻拍(ほっさせいじょうしつせいひんぱく)と、発作性心室性頻拍(ほっさせいしんしつせいひんぱく)の2種類のタイプにわかれます。
発作性上室性頻拍は、心臓にはっきりとした疾患がなく、発作がおさまればそれ以上の治療は必要ないことが多いのですが(*)、発作性心室性頻拍は、逆に心臓病をもつ人に多くみられ、心筋梗塞の初期、特発性心筋症、および心筋に変化が生じる病気で起こることがあり、より重篤で生命の危険にかかわる不整脈に発展する可能性があります。
*ただし、洞不全症候群の人に心室性頻拍の発作が起こると、発作がおさまったときに心臓が数秒以上とまってしまい、アダムス・ストークス発作を起こす危険があります。

また、発作性上室性頻拍では、深呼吸などの対処で発作がおさまる場合があるのに対し、発作性心室性頻拍の場合は、このような対処では効果がありません。したがって、電気ショックをおこなったり、抗不整脈薬を使って、積極的な治療がおこなわれます。
また、最近では、「カテーテル治療」が試みられるようになりつつあります。末梢の静脈からカテーテル(細い管)を挿入し、心臓の内側から治療しようという方法で、カテーテルの先端を少しずつずらしていきながら、電気生理学的検査で病巣を突き止めて不整脈を発生している原因箇所を高周波通電で焼灼してしまおう、というものです。これは「カテーテル・アブレーション」と呼ばれる治療法です。

発作性頻拍の場合は、不整脈の引き金となる生活上の誘因(心身の疲労、睡眠不足)を避けることも、重要な対策となります。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心房細動

不整脈とは、心臓の収縮のリズムが乱れた状態を言い、1.脈が増えるタイプの不整脈・・・頻脈型不整脈(ひんみゃくがたふせいみゃく)、2.脈が少なくなるタイプの不整脈・・・徐脈型不整脈(じょみゃくがたふせいみゃく)に分かれます。

頻脈型不整脈の一種に「心房細動(しんぼうさいどう)」という種類の不整脈があります。脈が乱れ、胸部に不快感があり、心房が小刻みに震えているような症状を起こすものです。
心房細動のなかにもいろいろなタイプがあります。
1.一過性で、自然に治ってしまうもの(「発作性心房細動」)。
2.慢性的に一生続くもの。
3.発作的に繰り返していて、あるときから慢性的に固定してしまうもの。
*高齢者の場合、3のタイプが多くみられ、健康そうにみえる人でもかなりの高頻度・・・20〜30人にひとり・・・でみられます。ただし、若い人でも、「僧坊弁膜症(そうぼうべんまくしょう)」がある人の場合、年数がたって病気が進行するにつれて心房細動が出てきます。

●僧坊弁弁膜症と心房細動
僧坊弁膜症の人は、心筋の変化に伴って、その半数以上に、いずれは心房細動がみられるようになります。

●先天性心疾患、特発性心筋症と心房細動
筋に変化が生じやすい病気の場合も、僧坊弁膜症と同様、心房細動を起こしやすくなります。

●心筋梗塞と心房細動
心筋梗塞の急性期に、一過性の心房細動が生じる場合があります。
そのほか、甲状腺機能亢進症でも心房細動がみられることがあります。

このように心房細動はいろいろな疾患に伴って表れることがありますが、その大部分は発作性で、ホルモン治療で心房細動も改善します。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心房細動の症状

心房細動とは、脈が乱れ、胸部に不快感があり、心房が小刻みに震えているような症状を起こすタイプの不整脈です。健康な人でも、生活のなかでのさまざまな誘因(喫煙、アルコール、コーヒーなどの飲みすぎ、心身の疲労、寝不足、など)で発作的に起こることがあります。

心房細動の症状には次のものがあります:
・心臓(心室)のリズムが不規則になります。
・脈の強さが、強くなったり弱くなったりして乱れます。
・脈が触れにくくなります。
・一般的に心拍数が増え、多いときには、1分間に200くらいにもなります。ただし、手首の脈はかえって減ったように思われます。
・心拍数が増えたことで、動悸を感じ、胸が苦しくなり、息苦しさ、胸痛などの症状を起こします。
・心房細動が頻脈のまま長く続く場合、心不全を起こす危険があります。この場合、呼吸困難やむくみが現れます。
*ただし、高齢者の場合、心拍数があまり増えないこともあり、自覚症状もなく、したがって苦痛を感じないこともあります。

心房細動の治療
原因となる病気がない場合(特発性の場合)は、心房細動をとめる治療をし、誘因となる生活上の注意点を守るようにすれば普通の生活を送ることは可能です。ただし、心房細動があると、心房のなかに血栓(血液のかたまり)ができやすくなります。血栓が血液といっしょに流れていって、脳の血管を詰まらせると、脳塞栓(のうそくせん)が起こる危険性があるので注意が必要です。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徐脈性不整脈

「ヒト」の脈拍は、安静時で通常1分間に、50〜100拍程度です。
不整脈という場合、この正常な脈拍を下まわる場合の「徐脈性不整脈」と、多い場合の「頻脈性不整脈」、」および、心拍異常を伴わない不整脈の3つに分類されます。

徐脈性不整脈はさらに次のようないくつかのタイプにわかれます:
1.洞房ブロック
2.房室ブロック・・・心房から心室への「刺激」の伝道が不完全であるか、あるいはまったく伝わっていない状態です。 房室ブロックは、その程度によって1度から3度にわかれます。
●I度房室ブロック ・・・P波が存在し、P波とQRSの間隔は一定です。しかし、PR間隔が0.21秒以上の場合をいいます。
●II度房室ブロック ・・・P波の後にQRSが抜け落ちている状態の不整脈をいいます。ウェッケンバッハ型房室ブロックとモービッツII型房室ブロック。
●III度房室ブロック ・・・P波が存在するが、P波とQRS波の間の時間的関連性がない状態です。
●房室解離
3.接合部性調律
4.洞不全症候群・・・洞結節によるリズムが徐脈になったり、一瞬と待ったりするものをいいます。
5.呼吸性不整脈・・・ 吸気時には脈拍が上昇する一方で、呼気時には低下する状態といいます。若年者に多く見られます。脈拍は不整ですが、病気ではありません。
5.脚ブロック(きゃくぶろっく)・・・左右の心室壁のいずれかにおいて、神経伝達が断絶してしまっている状態です。途切れているほうの心室壁は、心筋伝導によって、もう一方より遅れて収縮することになるため、QRSの波形は、ウサギの耳状の「二峰性」になります。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

房室ブロック

房室ブロックは、洞不全症候群、脚ブロックと並び、刺激が心臓のなかでうまく伝わらなくなってしまった状態をいいます。ヒトの正常な脈拍よりも、脈が少なくなるタイプ「徐脈型不整脈」の一種です。

房室ブロック
房室ブロックでは、心房から心室への伝道経路が障害されています。房室ブロックがみられるのは、リウマチやウィルスなどによる心筋炎、心筋梗塞、および特発性心筋症などです。
*ただし、ほかになんらの心臓病もみつからない、特発性のものも多いです。

房室ブロックはその程度によって、3段階に分かれます:
1度・・・ほとんど症状がみられない房室ブロックをいいます。心電図をとってはじめて発見される程度です。
2度・・・脈がときどき抜け、動悸を感じるようになります。場合によっては、数秒以上、心臓がとまってしまい、アダムス・ストロークス症候群を起こすこともあります。
*「アダムス・ストロークス症候群」というのは、心臓の異常が原因で心臓の動きがとまってしまったときに、心臓から脳へ血液が送られなくなり、意識を失ってしまう病気です。たいていは、数秒から数分で意識を回復します。ただしなかには心臓の動きがなかなか回復しない場合もあり、意識が戻らないまま死亡するケースもあります。
3度・・・心拍数が40台から、ひどい場合には、30台にまで減ります。徐脈や心停止を起こしやすくなり、アダムス・ストロークス症候群の発作を起こす人も半数程度にのぼります。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。