2008年09月05日

不眠症の原因と対策

不眠症になってしまう原因は、運動不足や寝すぎの場合もありますが、それだけではありません。脳が興奮状態にあると交感神経が活発化しているためになかなか眠れなくなってしまいます。それが短期間ならいいのですが、長期間続くと体も心も持たなくなってきてしまいます。

例えば、昼間仕事をしていて頭をフル回転させている場合、脳を一日中使っているわけですから家に帰ってからもなかなか休めることができにくいです。脳が休まらないと、リラックスの状態にならないために体は眠る体制に入っていてもなかなか眠れないということになります。

ここで大事なのが、脳を充分に休ませるために脳にもオンオフを切り替えさせるということです。その為にはリラックスすることが重要だと思います。好きな事をしたり、お風呂にゆっくり入ったり、アロマを焚いて芳香浴したりなど色々リラックス法はあると思います。それを行うことにより、自律神経のバランスが整えられ、副交感神経が活発化してくると思います。副交感神経が活発化してくると休む方向に体や脳が向いてくるので、自然と眠れるようになってくると思います。

この方法を取り入れたからと言ってすぐ効果を期待してはいけません。もしそれでも効かなければイライラしてきて、余計眠れなくなってしまいます。無理せず焦らずじっくりゆっくり治して行く様にするように余裕を持って対策をしていきましょう。

また、適度に運動をするなど、体を適度に疲れさせるのも不眠症対策に効果があると思いますよ。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠症対策には足ツボマッサージ

不眠症対策として体を温めたり、リラックスしたりするのはとても効果的であると言われています。

その両方を兼ね備えている方法として足ツボマッサージなどがあります。

リフレクソロジーのお店にいってやってもらうのもいいですが、お風呂上がりに自分で15分くらいやるとかなり体が温まると思います。やり方としては、親指の腹を足裏にあてながら、痛いなと思うところを強すぎず、弱すぎずの力で押していくことです。足裏全体を強めに流していくという感じでしょうか。
しかし、注意しなければならない点もありまして、飲酒後や妊娠中、足の裏をケガしている場合は控えるようにしましょう。

また、対策として足ツボの他にアロマもあります。
アロマの香りにはリラックスやストレスを和らげたりする作用や、精油独自の作用があり、芳香浴など香りを嗅ぐだけで脳に働きかける作用があります。

寝付きをよくしたり、リラックスさせたりする精油など効果によって精油を選ぶのもいいのですが、その臭いが苦手な臭いだとしたら逆にストレスがかかってしまう場合がありますので、好きな精油を選びアロマポッドなどで焚き、寝室をいい香りにして眠りに着くようにするのはいかがでしょうか。即効性があるという訳ではないと思いますが、気分がいい状態で眠りにつくというのはリラックス効果が出ると思いますよ。

更に、アロマオイルを使って足つぼマッサージをすると、効果が倍になると思いますので是非試してみてはいかがでしょうか。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠症について

不眠症ほど深刻化はしてないけれど、なかなか寝付けない日が多いなど、不眠に関する悩みは今や5人に1人は症状を持っているのではないかと言われているほど多くの人が悩んでいるものだと思います。

不眠症の種類には以下のようなものがあるとされています。

「入眠困難」という寝付きは悪いけど寝てしまうと朝まで起きない症状のタイプ。

「中途覚醒」という寝付きはいいけど途中何回も目が覚めてしまって結局寝た気がしない症状のタイプ。

「熟睡困難」という眠りが浅く、睡眠時間が長い割には眠気が収まらない症状のタイプ。

「早朝覚醒」という自分が起きようと思っているずいぶん前に起きてしまい、そのまま眠れなくなってしまう症状のタイプ。

このような不眠症を引き起こす原因として、以下のようなことがあげられます。

仕事や学校、人間関係などでストレスや緊張を感じてしまい、神経が緊張してなかなか寝付けないなどの症状を引き起こしてしまう場合があります。

寝るときの環境が暑すぎたり寒すぎたり、明るすぎたり、枕が高すぎたり、外の音がうるさかったりなど寝るときの環境が悪いことが原因となる場合もあります。

お茶やコーヒーなどに含まれているカフェインは不眠を促す場合があるために、特に寝る前に摂取したために眠れなくなってしまうなどが原因の場合

など様々な種類や原因があります。自分が該当するかどうか見極め、きちんと判断をしてもらいよい対策をするように心がけましょう。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠症には種類がある

不眠症にはさまざまな種類があります。原因もさまざまですが精神疾患(うつ病、統合失調症など)や無呼吸症候群などの病気が原因となっている場合もあります。しかしもっとも多い原因としては精神的なストレス・緊張が原因となっているものだと思います。

不眠症が長期化すると大変な症状を引き起こしていくと思いますが、だいたいの不眠症に関しては一過性のものだと思いますので、悩みすぎず気楽にリラックスした状態で構えるのが早く治る秘訣だと思います。

【入眠障害】
不眠症の中でも一番多くの人が悩んでいる症状で、布団に入ってもなかなか寝付けない症状の事を指します。このタイプは寝つきが悪いですが、一度寝てしまうと朝まで起きないという傾向もあるようです。

【熟眠障害】
このタイプというのは、寝つきは悪くは無いのですが、眠りが浅いために熟睡ができません。ですから睡眠時間は長時間でも目覚めも悪く疲れが取れにくいのが特徴として挙げられると思います。

【中途覚醒】
夜中に何度も目が覚めてしまう症状です。トイレにおきるのならばいいのですが、なんにも無いのに目が何度も覚めてしまうので、逆に疲れてしまうとか、そういう症状が挙げられると思います。

【早朝覚性】
朝、自分が思っている時間よりもかなり早く起きてしまってそのまま二度寝ができない状態の事を指します。特に寝付きも悪くなく、熟睡もしているのだけど長時間眠れないタイプの場合が多いです。

ご自分が不眠症ではないか?と感じたら、無理をせず悪化する前に専門の病院などで診断を受けるようにした方がいいと思います。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠症の原因と治療

不眠症に悩まされている人は意外に多いと思います。単純に1日眠れないと感じる不眠症状から、慢性的に不眠で悩んでいる不眠症までさまざまあると思います。
ですから、その不眠症を改善するためには原因を追究する必要があるのではないでしょうか?と言えると思います。

不眠症の原因というのはさまざまあると思うのですが、比較的原因がはっきり分かっているものというと、海外旅行に行った場合などに起こる時差ぼけなどがあります。これは環境の変化で起こるものです。また、リウマチなどの身体的痛みが伴う場合に不眠になる場合があります。
また、薬物の副作用、統合性失調症・うつ病などの精神性疾患からくる不眠症など、比較的分かりやすい原因のものもあります。

しかし、理由が分かっているものはいいのですが理由がはっきりしないものももちろんあります。それがストレスだと思うのですが、何かしらの原因でストレスを抱えてしまい眠れなかったりする場合があります。例えば心配事など考え込みすぎて眠れなかったりすることなどないでしょうか?そういう状態が慢性的に続くとものすごく体には負担がくるようになると思います。

この不眠症という病気を改善するには治療をすることも重要です。心身の病気が不眠の原因になっている場合はまず病気を完治させるようにすることが大切になってきます。また、心の病気の場合は心療内科など専門的な機関に行って対処してもらうようにするのが大切だと思います。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠症で病院に行く前に!

最近、不眠症や睡眠障害に関する悩みを抱えている人が多くなってきているようです。
自分一人で悩んでいて、病院に行こうかなと思った場合、何科に行けばいいか分からないなんて思って結局行けないとなってしまう場合も少なくないと思います。

いつも行っている病院があるのならそこで相談してみるのもいいと思います。色々アドバイスをしてくれると思いますし、場合によっては睡眠薬など処方してくれるかもしれません。
そうじゃないなら精神科や心療内科などを受診することをおすすめします。

いざ、行く病院が決まったら自分の不眠に関する症状をメモ書きでいいので洗い出しておくのもいいと思います。
整理する内容は、「眠れなくなったのはいつ頃からか」「原因はなんだと思うのか」「寝付くまでどれくらいの時間がかかっているか」などでいいと思います。

これをすることにより、自己カウンセリングしているのと同じになりますので、思わぬ原因や症状が思い付くかもしれません。
また、整理していくことで、病院での診察もスムーズに行えるようになると思います。

また、自分が眠っているときの様子などは自分では分からないと思います。家族が一緒に住んでいる場合は家族に寝ているときの様子を見てもらうなど協力してもらうようにしましょう。
このように、病院に行く前にある程度準備していくことで、焦らずに診察してもらうことが可能ですし、スムーズに運ぶことが出来ます。また心の準備もできると思います。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠症の意味

不眠症というのは、読んだ意味のとおりなかなか眠れない症状、状態のことを指しています。

よく言うこととして、コーヒーやお茶などカフェインが入っているものを夜寝る前に飲むと眠れなくなるということがありますが、確かに眠れなくなる場合もありますが、不眠症で悩んでいる人のほとんどが眠れないということを気にして気にして、気にしすぎることによる神経症的なものであることが多いと思います。大体はストレスを過剰に感じている場合になる場合が多いです。

そのストレスというのは、例えば家族が死んでしまったり、仕事でトラブルがあったり、恋人と喧嘩したりなど、悲しみや不安を急に抱えてしまうと眠れなくなる場合があります。だいたいは時間がたったり、悩みが解決したりすると眠れるようになるものですが、中にはこのまま眠れなくなってしまうのではないかという別の不安が押し寄せてきてしまって、不眠症に陥ってしまうケースもあります。更にうつ病になったり、抑うつ的になったりするケースもあります。

また、不眠症の人の場合は昼間に起きているときに眠くなったりしますよね。そうして寝てしまうと夜寝る時間にまた眠れなくなったりするなど、悪循環に陥ってしまう場合もあります。

こういう不眠症を病院などで治療する場合は、睡眠薬などを処方されることが多いと思います。短期間服用するならかまわないと思うのですが、人間の体というのは薬とか定期的に行うことに関して慣れというものが生じるものです。ですから睡眠薬も飲み続けることによって、だんだん効果が薄れてきて量が増えてしまったり、強い薬に変えたりということになりかねなくなります。

ですから、お医者様とよく相談をして、不眠の原因を追究しそれに合う治療をしてもらうようにしていくのが不眠を健康的に治療していく方法なのではないでしょうか。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動悸や息切れ

わたしたちは、日常、ふつうに生活しているとき・・・過激な運動をした場合は別にして、特に、安静にしているとき・・・には、自分の心臓の拍動を自覚しません。
「動悸(どうき)」とは、心臓の拍動を自覚することをいいます。
安静時に突然、動悸を感じた場合にまず考えられる理由は、心臓の「不整脈(ふせいみゃく)」です。不整脈とは、心臓の収縮のリズムが乱れた状態をいいます。脈の乱れや胸部の不快感などを伴い、当人にとってはつらいことも多いのですが、治療の必要がないものもあります。その一方で、重篤な心臓病の兆候のこともあります。

不整脈と考えられる疾患

心臓病や呼吸器疾患の場合には、動くと動悸や息切れを感じることがあります。
また、バセドウ病や褐色細胞腫などの内分泌疾患でも動悸を感じることがあります。
心臓神経症や自律神経失調症の場合、特に心臓に障害はなく、不安やストレスによって
動悸およびそのほかの症状があわれます。

動悸や息切れを感じた場合には、そのほかの症状・・・発熱、胸痛、顔色の変化、および咳などの症状に注意して観察してください。たとえば、夜中に突然、咳き込み、息苦しいといった症状がある場合、気管支喘息あるいは心臓喘息の発作である可能性が考えられます。のどがゼーゼーとして、痰が絡まったような咳が出るのが特徴です。
そのほかにも、重篤な糖尿病や尿毒症、脳の呼吸中枢の異常などで特有の呼吸の症状が現れることもありますので、専門の医師の診察を受けることをお勧めします。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不整脈の起こる仕組み

不整脈(ふせいみゃく)とは、心臓の収縮のリズムが乱れた状態をいいます。脈の乱れや胸部の不快感などを伴い、当人にとってはつらいことも多いのですが、治療の必要がないもの、あるいは、重篤な疾患・・・心臓病や呼吸器障害など、の兆候のこともありますので、医師の診断を受けることが必要です。

心臓は、心臓自身が「刺激」を出し、それが伝えられることによって、収縮と拡張を繰り返します。この刺激は、心臓の右心房(うしんぼう)というところの筋肉の一部である「洞結節(どうけっせつ)」というところから発せられます。洞結節から発せられた刺激は、次の1〜5の順序で伝えられます:

1.洞結節 2.心房(しんぼう) 3.房室結節(ぼうしつけっせつ) 4.ヒス束(ひすそく) 5.心室中隔(しんしつちゅうかく)を走る左右の脚(きゃく) 6.左右の心室(しんしつ)

洞結節から発せられた刺激が心房に伝わると、心房が、そして心室に伝わったときには、心室が、それぞれ収縮するのです。

心臓が正常に機能している場合には、こうした刺激が規則的に発生し、上記の回路を伝ってその1回ごとに心室まで滞ることなく心室まで伝えられます。こうして正しい収縮が起こり、その後、一定の時間をおいて拡張していくのです。
通常、成人では安静時に1分間に50〜70回前後の規則的な収縮、拡張が繰り返されます。ところがこの刺激が規則的に発生しなくなく、その伝達回路になんらかの支障が生じると、心臓の収縮、拡張のリズムがくずれ、「不整脈」になるのです。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不整脈の症状

心臓の収縮のリズムが乱れた状態を「不整脈」といいます。不整脈が生じると、「動悸(どうき)」を感じたり、胸に不快感や息苦しさを覚えます。動悸というのは、心臓の拍動を自覚することをいいます。
不整脈の症状は、不整脈の種類によって異なります。一般的には、心電図などで検査してみると不整脈が起こっていても、特別な症状がないという場合も多くあります。

また検査するといっても、不整脈の場合、いつ検査しても現れる場合と、ときどき思いついたように発生するもの、また発作のように一定の時間に限って持続するものなど、その形態や頻度はさまざまです。そのため、ご自宅などで生活していて、動悸を感じたために病院にいって心電図検査を受けたものの、不整脈が発見できない、というケースが多々あります。

また、不整脈の出方には、精神的な要素も大きく関与しています。そのため、病院では現れるがご自宅では現れない、逆にご自宅でのんびりとくつろいでいるときや安静時に現れるものなど、さまざまです。

「動悸」を感じ、脈が突然、乱れた場合に、疑われる病気に以下のものがあります。その主な症状をあわせてご紹介します。いずれも内科、循環器科を受診し、正確な判断を求められることをお勧めします:
●期外収縮・・・脈が飛ぶような感じを伴う。
●発作性頻脈・・・急に脈が早くなる。
●発作性心房細動・・・脈が乱れ、胸部に不快感がある。
●房室ブロック・・・脈が遅くなる。
●高度の徐脈・・脈が遅くなる。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。