2008年09月05日

不眠症になる原因

不眠症になる原因として以下に記述してあることが主な原因としてあげられると思います。

【環境による原因】
眠るときの環境によって起きる原因です。例えば夜中家の外で工事などが行われていて、うるさくて眠れないとか、熱帯夜など暑すぎて眠れないとか、一緒に寝ている人のいびきや歯ぎしりがうるさくて眠れないとかあげられると思います。

こういう生活環境に原因がある場合、あまり悩みすぎてしまうと悪化してしまう可能性があるので注意が必要です。

また、これ以外には引っ越したばかりで落ち着かず眠れない、旅行で枕が変わって眠れないなど一時的な原因による不眠であれば慣れれば治ると思いますので心配いらないと思います。

【生理的なことが原因】
海外旅行で見られる時差ぼけや、2交代、3交代などで勤務がいろいろな時間帯で働かなくてはならない場合など眠るときのタイミングが変わってしまい眠れなくなってしまうケースがあります。

一時的なものでしたら、まだいいのですが、症状が酷くなるようでしたら環境を改善してもらうなどの対策をしてみるようにしましょう。

【心理的なことが原因】
悩みや心配事、ストレスが原因で不眠症になる場合があります。
考えすぎることで不眠症自体が悪化してしまう可能性がありますので、なるべく考えすぎないようにすることが大切になってくると思います。

【器質的なことが原因】
睡眠時無呼吸症候群など、体になんらかの症状がでていることが原因となり不眠症になる場合があります。

【精神的な疾患が原因】
うつ病など精神科を必要とする病気の場合、不眠症の症状を伴う場合があります。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(6) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠症になるきっかけ

不眠症というのは、ちょっとしたきっかけでなってしまう可能性があります。

ある人が不眠症で悩んでいて、不眠症の原因はストレスなのではないかと思っていたけど、よくよく考えてみたら不規則な生活リズムに原因があるのではないかと判明したそうです。

どういう事かと言うと、例えば普通のサラリーマンが、一定時期仕事が忙しくなり、徹夜なんてことになったとします。やっと仕事が終わって家に帰り、朝方さぁ寝ようと思ってもなかなか寝付けない状態になってしまう。
体は眠いはずなのに、いつもは起きている時間だから脳は起きている。だから眠れないという感じになってくるようです。
ですからよく「結局夜まで起きていて普通に寝たよ」なんて言葉を聞くのもこういった状況になるからではないかと思います。

かと言って起き続けたからと言って何かやっても頭に入らないとは思うのですが。

このようにちょっとしたきっかけで不眠になってしまう可能性があります。この状態を放っておくと不眠症の症状が進んでしまって改善も難しくなる場合がありますので、ちょっとした工夫から改善していくようにするところから始めてみてはいかがでしょうか?

まず自分が不眠症かな?って自分で感じたとき、とりあえず目を閉じるようにしましょう。
実際には眠れないかもしれませんが、眠れなくても、体だけでも横にして休めるようにすると疲れがだいぶ和らぐのではないでしょうか。それだけでも気分的に大分違ってくると思います。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食事で不眠症対策

不眠症を改善するためには、生活習慣の改善、リラックス、病院での治療など方法はさまざまあります。

ここでは、食事で不眠症改善に繋がる方法をご紹介してみたいと思います。

【牛乳】
牛乳には神経過敏によるイライラなどを抑えてくれる効果があるカルシウムが含まれていたり、セロトニンという眠りに導かれるように脳を作用する働きがある成分が含まれていたりするために、不眠症には最適の食品だと思います。
不眠症改善の用途で飲むのであれば、寝る前に温めて飲むようにすることをおすすめします。

【セロリ】
苦手な人も多いとは思いますが、あの独特の臭いが高ぶった神経を鎮めてくれる作用があります。
摂取方法ですが、そのまま食べてもいいですが、できれば臭いも一緒に嗅いでほしいため、セロリを摺り、蜂蜜と熱湯に入れてお飲みください。
お好みによってウイスキーを入れてもいいと思います。

【豚肉・乳製品】
精神的に安定させる作用や、睡眠を促してくれる作用があります。
比較的摂取しやすい食材なので積極的に摂取するようにしましょう。

【レタス】
レタスには催眠作用、鎮静作用があるために不眠症に効果が期待できるとされています。摂取量の目安としてはだいたい4分の1位です。ただし生のレタスを寝る前に摂取すると逆に体が冷えてしまう可能性があり、眠れなくなってしまう場合がありますので、寝る前の摂取量は控えるようにしましょう。

効果には個人差があると思いますが、不眠症で悩まれている方はぜひ試してみてください。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リラックスして不眠症を乗りきりましょう!

不眠症と言うのは寝れない寝れないと考えて眠ろうとすると、余計に眠れなくなってしまうという悪循環に陥ってしまう傾向があります。

そういうようにならないよう不眠症対策のためにリラックスできる方法をご紹介してみたいと思います。
この方法はとても簡単に実践できるものなので、ぜひ試してみてください。

【数を数える】
昔、眠れないとき「羊が1匹、羊が2匹…」と羊を数える方法がありましたが、基本的にはそれと同じです。ただし、単純に数を数えていくわけではなく、ちょっとだけ変化を加えてみます。例えば3の倍数を数えていったりとかします。
単純に頭をつかうようなゲーム性があればいいかなと思います。あまり難しすぎると逆効果になりますので気を付けましょう。
あとは数えていくリズムも大切です。なるべく一定のリズムやトーンで数えるようにしましょう。

【今日の出来事】
今日起こった出来事を映画でもみるように、客観的に思い出しながら映像にしていってみましょう。
まるで自分を後ろから見るようなイメージでしょうか。耳詮しているみたいに音は思い出さなくても大丈夫です。
そういった状況でゆっくり、30分〜1時間位かけて一日を振り返るようにしてみてください。そうすると以外に眠気に襲われてくるようになるかもしれませんよ。

意外だと思うかもしれませんが、こういうようにリラックスしながら単純にできることをやっていくのも意外と不眠症対策には効果的だと思いますよ。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠薬以外で不眠症治療

不眠症の治療というと、なんとなく睡眠薬を使って眠らせてしまうという薬物治療が主流なのではないかと思ってしまいがちですが、薬物に依存するのは嫌だと感じる人もいると思います。ここでは薬物を使わなくてもできる不眠症対策の治療方法をご紹介したいと思います。

まず、睡眠による環境を整える必要があると思います。食生活や生活リズムなど不規則になりすぎずによい方向に整えていくようにしましょう。自分で思い当たるリズムの悪さなどを思い返し、一つ一つ改善していくことが不眠症対策に繋がってくると思います。

次に、リラックスすることが大切です。神経質な人、思いつめるタイプの人は特に不眠症になりやすいと思いますので、心身のリラックスをするように心がけましょう。リラックス法ですが、自分の好きなことをしたり、お風呂にゆっくり入ったり、お医者さんに指導してもらった方法を試してみたりなどさまざまあると思います。

仕事上、昼夜が逆転して生活している人も多いと思います。こういうように時間帯がずれてしまっている人の治療方法として高照度光療法という方法が用いられることがあります。これは生体リズムを意図的にずらしていき、本来のリズムに戻していくという方法です。人間の体内リズムというのは、太陽光という光が大きく関係しているために、こういう方法を使用してリズムを通常の状態に戻していきます。

このように、薬物を使わなくても治療できる方法はありますので、お医者様に相談をしてみるようにすることをお勧めします。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠症の症状

不眠症と言うと単に「眠れない」症状なのではないかと思ってしまう方が多いと思いますが、不眠症の症状はこれだけではなく、実にさまざまな症状があるのです。

どんな症状があるか、下記でご説明したいと思います。

【入眠障害】
寝ようとして布団に入ったにもかかわらず、何時間も眠ることができない症状を指します。こういう寝付きがよくない症状を入眠障害と言います。
単に1日眠れない日があったからと言ってそれが入眠障害に値はしませんが、布団に入っても1時間以上眠れないと言う症状が1週間以上続いているというのであれば入眠障害の可能性が高いです。
眠らなきゃ眠らなきゃと思うと余計に眠れなくなる悪循環に陥る可能性もあります。

【熟眠障害】
寝付きはいいのですが、夜中に何度も目が覚めてしまい、眠りが浅くなってしまって熟睡できないのがこの熟眠障害という症状です。途中で目が覚めるとこを中途覚醒と言いますが、目が覚めていることに気付かない人もいます。
で、昼間、夜あんなに寝たのに眠いと感じてしまうようになります。

【早朝覚醒】
朝、本来起きる時間ではなくもっと早くに目が覚めてしまう症状を早朝覚醒と言います。
この症状は一度目が覚めてしまうと、寝られなくなってしまいます。
お年寄りの方によく見られる症状です。


上記のような症状が1週間以上続くようでしたら、不眠症の可能性がありますのでできるだけ早いうちに専門のお医者さんなどで診察してもらうのがいいと思います。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠症治療について

不眠症に悩んでいる人は不眠症と言うのは何で起きるんだろうと思う人がいるかもしれません。
そう思う前にきっと、不眠症に対する色々な対策などを模索して実行しているのではないでしょうか。
色々な知識を入れたところで不眠症が解決したでしょうか?
ネットで調べて自分の症状に該当するかどうか自己診断したところで誤って診断する場合もあるでしょう。ですから自己診断は危険だと言うことも認識しておく必要があると思います。

みんながみんな毎日熟睡しているものではないと思います。色々な環境の変化なども加わって、不眠になる場合もあると思います。しかし、大抵の場合は一過性のものだと思うので心配する必要はないと思います。ですからこの場合の不眠症は病気とは呼べないと思います。

人間はあるパターン、習慣によって動いていると思います。睡眠もそのパターンが当てはまり通常はパターン通り行動されて行っているのですが、何かしらのストレスがかかった場合、パターンが狂わされ不眠に陥る可能性があります。それが一過性のものであればいいのですが、原因となっている事象が解決せず持続した場合、不眠も持続するようになりパターン化していくということになる場合があります。
不眠症がパターン化されると元に戻すには原因となっているものを排除する必要が出てくると思います。
こうなると不眠症は病気となってしまいますので、専門の機関に相談するなど正しい対処が必要になってくると思います。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠症対策して快眠を得よう!

不眠症で悩んでいる人は意外と大勢いると思います。対策があるのであれば対策して、快眠を得たいものですよね。

ここで、よい快眠を得るための対策法をご紹介したいと思いますので参考にしてみてください。

基本的に体を冷やしてしまうとぐっすり眠ることができません。
ですから体を冷やさないようにすることが大切になってくると思います。

冬であれば、暖房器具などで部屋を暖めたり、お風呂に入って体を暖めたり、薄着をしたりしないなどがいいと思うし、夏であってもクーラーをガンガンにかけすぎたり、薄着で眠ってしまうようなことをしたりするのを控えたりするようにすることが大切になってくると思います。

上記のようなことは体を外から守る方法ですが、体の内側から暖めるということももちろん必要です。
体の内側から温めるためには、食生活に気を付けなくてはなりません。できるだけ冷たいものや刺激があるものは避け、温かいものを摂取するようにしましょう。

また、お風呂に入るのも効果的です。熱いお湯に入るのではなく半身浴ができるくらいの温度でゆっくりあたたまりましょう。熱いお湯だと体が熱くなりすぎて逆に眠れなくなってしまう可能性があります。

体が温まると血行が促進され、気持ちもリラックスしてくると思います。
布団に入ってすぐ眠ることができるようになると熟睡もできるようになり、快眠へと繋がるようになると思います。ですから、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠症とアゴ

睡眠と言うのは、とても大切なものでしっかり取らなければならないものです。

現在、日本人の5人に1人というかなり多くの人がなんらかの不眠の問題で悩んでいると言われています。

不眠になる原因としてストレスや生活習慣の乱れなどさまざまなことが要因としてあげられると思いますが、そんな原因のひとつとして下アゴがずれていると言うことがあげられると言うことがあると言うのはご存知でしたでしょうか。
この下アゴがずれていると不眠にとっては、結構根本的な原因になっているようです。

不眠症と下アゴのずれなんて一見なんの関係もなさそうですが、実はそうでもないのです。
昔の人にはあまり見られることはなかったと思うのですが、今の人にとっては共通と言っていいほどの症状らしいのです。

どういう事かと言いますと、現代社会ではストレスなどがたまりやすく、食生活なども乱れがちです。そうなることで歯ぎしりする人も増えているようで、歯ぎしりをすると奥歯は押さえつけられるため本来の長さまで伸びることができません。
奥歯が短いと噛み込むのも深くなります。そうなると頬の筋肉が緩んでしまう形になります。

そこで登場するのが「交感神経」です。
交感神経は緩んでいる頬を緊張させるために脳に命令をだします。頬を緊張させるには、筋肉や神経も緊張させなくてはなりません。その状態が続くと言うことは、交感神経がいつでも活発化しているということになりますので、休まる時間がなく、眠れないということになります。
眠るために副交感神経を活発化させなくてはならないのでこのままだとダメですよね。

しかし諦めないでください。マウスピースなど専門のものを使うことにより症状を軽減することが可能になるようです。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起床時間による不眠症対策

現在、不眠で悩んでいる人は相当いると思います。その悩みの深さは思っているより深いと言えるかもしれません。

不眠症の種類には入眠困難と言う布団に入ってもなかなか寝付けない症状のものや、中途覚醒という夜中に何回か目が覚めてしまう症状や、早朝覚醒と言う、起きる時間が異常に早いという症状などさまざまあります。

この中でもなかなか寝付くことができない入眠困難の症状を訴える人が多いようです。

不眠症になる原因と言うのはさまざまあると思います。しかし生活習慣を少し改善するだけで、不眠症の症状が軽減されることもあります。

例えば丸一日体をあまり動かさずに、ぐうたら過ごしていたり、寝る時間も眠気に任せていたりするためについつい朝方まで起きていて寝て昼頃起きるなどしているのが日常だとします。
まぁこれは極端な例だとしますが、明らかに運動不足と寝すぎが見てとれます。
こういう状況の場合は、だらだらさが身に付いているため、夜なかなか寝付けなかったりする場合が多いようです。

で、運動すれば体が疲れて眠れるだろうと夜寝る前に運動をしても逆に体が興奮してしまって寝付けなくなってしまう場合があるので、同じ運動でも昼間にウォーキングなど軽めに行い、適度な運動をするように心がけましょう。
そうすることで心地よい疲れが得られると思いますので寝付けるようになるでしょう。

また、朝起きる時間をきちんと決めることで体内リズムが整えられ、夜寝るリズムも整えられてくると思いますのでぜひ生活習慣の改善から行ってみてはいかがでしょうか。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。