2008年09月05日

睡眠障害に属する不眠症

睡眠障害には、色々な分類があります。どういった種類のものがあるのか説明してみたいと思いますので参考にしてみてください。

【不眠症】
睡眠に関する開始(寝つき)とか、睡眠の維持(途中でおきてしまう)とかが難しく、それが障害となっている状態の事を指しています。

【過眠症】
夜ではなく、昼間に眠気が強く眠ってしまい、一度寝てしまうとなかなか目を覚ますことができなくなってしまう状態の事を指しています。

【リズム】
睡眠というのは、朝起きて夜寝るという24時間の周期の中でリズムがありますが、このリズムが崩れてしまい、夜眠れなくなってしまう状態の事を指しています。

【不眠】
夜寝ているときに、悪夢や夢遊病など睡眠中に起きる事によって睡眠そのものが邪魔されてしまう状態の事を指しています。

このように、さまざまな睡眠障害のパターンがあると思いますが、ここでは不眠症に関する症状の事に関して説明します。
不眠症には一過性不眠、短期不眠、長期不眠と種類がありますがそれぞれ心配度や症状が違います。一過性不眠は海外旅行に行って時差ぼけで眠れない、今日は暑すぎて眠れない、旅行で枕が変わって眠れないなど一時的な環境の変化によって起こるものを指します。この場合は一過性のものなので時期に治ると思います。

そのほかには、眠れない症状が1〜3週間ほど続くものを短期不眠、1ヶ月以上続くものを長期不眠といいます。長期不眠の場合は専門のお医者様へ行ききちんと治療をしてもらうようにすることをお勧めします。

どちらにしても、早めの対策をするのがいいと思います。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106076776

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。