2008年09月05日

不眠症の原因とは

不眠症というのは辛いものだと思います。

その不眠症の原因とはいったいなんなのでしょうか?

【体調不良が原因】
風邪など熱があるときや、かゆみがある場合、また咳をして止まらない場合など体調が悪く、体に不快感があるときなど不眠になる場合があります。

【無呼吸症候群】
上記の体調不良の部類に入るかもしれませんが、寝ているときに呼吸が止まることがあり、それにより目が覚めてしまったり熟睡できなかったりします。

上記二つが原因の場合はまず病気を治療することから始めることがいいと思います。

【環境の変化】
旅行に行って枕が変わって眠れないとか、海外に行って時差ぼけで寝付きが悪いとか、そういった環境の変化に伴って睡眠に問題がでてくることがあります。
また、夏の夜、暑すぎて眠れなかったり、電気を付けているところで寝ると明るすぎて寝られなかったりするのも同じです。

【精神的】
うつ病など、精神的な疾患による不眠があります。うつ病の症状には不眠があげられるほど深く関係があります。対策する場合には心療内科など専門のお医者様に通うなどすることをおすすめします。
【ストレス】
ストレスが溜まることによって不眠になる場合があります。
ストレスは悩みごとやイライラ、緊張などから引き起こされるもので、続くと不眠症になってしまう可能性があります。


このように不眠症の原因にはさまざまなことがあります。ご自分の症状、原因を理解した上で対処するようにしましょう。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。