2008年09月05日

不眠症対策

不眠症の仕組みについて学習してみたいと思います。
不眠症には大きく分類して3つの種類に分けることができます。

【1.入眠困難の不眠症】
この不眠症は布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、まったく眠れなかったりする症状の不眠症です。

【2.中途覚醒の不眠症】
この不眠症は眠れるのは眠れるんだけど、夜中に何度も目が覚めてしまって結局眠れなくなってしまうような症状の不眠症です。
この場合はどんなに睡眠時間が長くても熟睡しているわけではないので、体がだるかったりボーッとしたりする可能性があります。

【3.早朝覚醒の不眠症】
この不眠症はどんなに遅く寝ても朝早くに目が覚めてしまうという症状の不眠症です。起きる時間は個人差がありますが、3〜5時位には起きてしまうのではないかと思います。

上記のような不眠症の分類では一つだけ該当する人もいるし、全部に該当する人もいます。症状は重なれば重なるほど重いと言っていいでしょう。

しかし、不眠症の人は自律神経のバランスも崩している場合が多いので交感神経が興奮してしまうために不眠症になってしまうというパターンが多いかもしれません。
不眠症がものすごく酷い場合、脳に障害がある可能性もありますので、あまりにもおかしいと感じたら脳外科の受診をしてもらうことをおすすめします。

自分で改善できる不眠症と出来ない不眠症がありますので、少しでも変だなと感じた場合は専門のお医者様に相談してみましょう。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。