2008年09月05日

不眠症対策・カフェインについて

よく、寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなるよと言う言葉を耳にしますが、あながち嘘ではありません。

コーヒーはお茶などに含まれているカフェインが体や気持ちを興奮させる効果があるために、摂取すると眠れなくなってしまう可能性があると言うわけです。

また、香辛料や唐辛子なども眠りを妨げる可能性がありますので摂取する際には充分に気を付けるようにしましょう。

毎日コーヒーを飲むのが日課になっている人とかには辛い話しかもしれませんが、不眠症で悩んでいる場合は半年〜1年はカフェインの摂取を控えてみてはいかがでしょうか?
また、自律神経失調症にも支障をきたしている場合、1年〜2年は摂取しないようにしてみましょう。かなり辛いとは思いますが、不眠症を治すためですので頑張りましょう。

また、どうしてもコーヒーやお茶が飲みたくなったら最近はカフェインレスのものもありますので、そちらを試してみてはいかがでしょうか?

不眠症の人がカフェインの摂取を止めてみることで、動悸がなくなったり眠りが早かったり、深くなったりを実感することができると思います。
不眠症が改善されることで、かなり肉体的にも精神的にも楽になれると思います。

カフェインはコーヒーだけでなく、お茶、紅茶、ココアなどに含まれています。一番いいのは水を飲むことですが、それだと味気ないのでカフェインレスの飲み物を探して飲むようにしましょう。
また、冷たい飲み物は内臓に負担をかけ、睡眠の妨げになる可能性がありますのでできるだけ控えた方がよさそうです。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。