2008年09月05日

隠れ不眠症はいっぱいいる?

ちゃんと毎日寝ているのに、昼間眠いとかダルいとか感じたことはありませんか?

時間数もちゃんと適正時間寝ているのに眠いと感じるのは眠りが浅いからかもしれません。

これは不眠症のひとつだと思われますので、体の疲れも取れないし、脳も休まらないまま睡眠を取っている状態になります。

なぜそういう状態になるかというと交感神経が関係していると言うことになると思います。交感神経と言うのは脳や体を働かせるために活発に動きます。逆に夜は脳や体を休ませるために副交感神経が活発に動きます。
昼間、働きすぎたり運動しすぎたりすると交感神経が興奮してしまい、休めなくなってしまって副交感神経に働きを変えることができず、眠りを妨げる原因となってしまうのです。

交感神経が働きすぎてしまう原因は主にストレスだと言うことです。また、カフェインも交感神経を強制的に働かせる作用がありますので、不眠症じゃないかと感じている方はできればカフェインなどは摂取しない方がいいのではないかと思います。

眠りが浅い人の対処方法として挙げられるのが「質より量」です。質がいい睡眠を得るのが難しければ長い時間を睡眠にあて、量を得るようにしましょう。

眠りが浅い人は寝ようと思うと半日でもそれ以上でも寝ることが可能です。これは脳や体が、睡眠が足りないと感じているからで、量で補っていこうとしているからなのです
大丈夫です。寝過ぎたからと言って死ぬわけではありません。
朝起きて体がダルいなと感じている場合は思いきって寝てみてはいかがでしょうか。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。