2008年09月05日

不眠症になるきっかけ

不眠症というのは、ちょっとしたきっかけでなってしまう可能性があります。

ある人が不眠症で悩んでいて、不眠症の原因はストレスなのではないかと思っていたけど、よくよく考えてみたら不規則な生活リズムに原因があるのではないかと判明したそうです。

どういう事かと言うと、例えば普通のサラリーマンが、一定時期仕事が忙しくなり、徹夜なんてことになったとします。やっと仕事が終わって家に帰り、朝方さぁ寝ようと思ってもなかなか寝付けない状態になってしまう。
体は眠いはずなのに、いつもは起きている時間だから脳は起きている。だから眠れないという感じになってくるようです。
ですからよく「結局夜まで起きていて普通に寝たよ」なんて言葉を聞くのもこういった状況になるからではないかと思います。

かと言って起き続けたからと言って何かやっても頭に入らないとは思うのですが。

このようにちょっとしたきっかけで不眠になってしまう可能性があります。この状態を放っておくと不眠症の症状が進んでしまって改善も難しくなる場合がありますので、ちょっとした工夫から改善していくようにするところから始めてみてはいかがでしょうか?

まず自分が不眠症かな?って自分で感じたとき、とりあえず目を閉じるようにしましょう。
実際には眠れないかもしれませんが、眠れなくても、体だけでも横にして休めるようにすると疲れがだいぶ和らぐのではないでしょうか。それだけでも気分的に大分違ってくると思います。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。