2008年09月05日

食事で不眠症対策

不眠症を改善するためには、生活習慣の改善、リラックス、病院での治療など方法はさまざまあります。

ここでは、食事で不眠症改善に繋がる方法をご紹介してみたいと思います。

【牛乳】
牛乳には神経過敏によるイライラなどを抑えてくれる効果があるカルシウムが含まれていたり、セロトニンという眠りに導かれるように脳を作用する働きがある成分が含まれていたりするために、不眠症には最適の食品だと思います。
不眠症改善の用途で飲むのであれば、寝る前に温めて飲むようにすることをおすすめします。

【セロリ】
苦手な人も多いとは思いますが、あの独特の臭いが高ぶった神経を鎮めてくれる作用があります。
摂取方法ですが、そのまま食べてもいいですが、できれば臭いも一緒に嗅いでほしいため、セロリを摺り、蜂蜜と熱湯に入れてお飲みください。
お好みによってウイスキーを入れてもいいと思います。

【豚肉・乳製品】
精神的に安定させる作用や、睡眠を促してくれる作用があります。
比較的摂取しやすい食材なので積極的に摂取するようにしましょう。

【レタス】
レタスには催眠作用、鎮静作用があるために不眠症に効果が期待できるとされています。摂取量の目安としてはだいたい4分の1位です。ただし生のレタスを寝る前に摂取すると逆に体が冷えてしまう可能性があり、眠れなくなってしまう場合がありますので、寝る前の摂取量は控えるようにしましょう。

効果には個人差があると思いますが、不眠症で悩まれている方はぜひ試してみてください。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。