2008年09月05日

不眠症治療について

不眠症に悩んでいる人は不眠症と言うのは何で起きるんだろうと思う人がいるかもしれません。
そう思う前にきっと、不眠症に対する色々な対策などを模索して実行しているのではないでしょうか。
色々な知識を入れたところで不眠症が解決したでしょうか?
ネットで調べて自分の症状に該当するかどうか自己診断したところで誤って診断する場合もあるでしょう。ですから自己診断は危険だと言うことも認識しておく必要があると思います。

みんながみんな毎日熟睡しているものではないと思います。色々な環境の変化なども加わって、不眠になる場合もあると思います。しかし、大抵の場合は一過性のものだと思うので心配する必要はないと思います。ですからこの場合の不眠症は病気とは呼べないと思います。

人間はあるパターン、習慣によって動いていると思います。睡眠もそのパターンが当てはまり通常はパターン通り行動されて行っているのですが、何かしらのストレスがかかった場合、パターンが狂わされ不眠に陥る可能性があります。それが一過性のものであればいいのですが、原因となっている事象が解決せず持続した場合、不眠も持続するようになりパターン化していくということになる場合があります。
不眠症がパターン化されると元に戻すには原因となっているものを排除する必要が出てくると思います。
こうなると不眠症は病気となってしまいますので、専門の機関に相談するなど正しい対処が必要になってくると思います。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。