2008年09月05日

不眠症とアゴ

睡眠と言うのは、とても大切なものでしっかり取らなければならないものです。

現在、日本人の5人に1人というかなり多くの人がなんらかの不眠の問題で悩んでいると言われています。

不眠になる原因としてストレスや生活習慣の乱れなどさまざまなことが要因としてあげられると思いますが、そんな原因のひとつとして下アゴがずれていると言うことがあげられると言うことがあると言うのはご存知でしたでしょうか。
この下アゴがずれていると不眠にとっては、結構根本的な原因になっているようです。

不眠症と下アゴのずれなんて一見なんの関係もなさそうですが、実はそうでもないのです。
昔の人にはあまり見られることはなかったと思うのですが、今の人にとっては共通と言っていいほどの症状らしいのです。

どういう事かと言いますと、現代社会ではストレスなどがたまりやすく、食生活なども乱れがちです。そうなることで歯ぎしりする人も増えているようで、歯ぎしりをすると奥歯は押さえつけられるため本来の長さまで伸びることができません。
奥歯が短いと噛み込むのも深くなります。そうなると頬の筋肉が緩んでしまう形になります。

そこで登場するのが「交感神経」です。
交感神経は緩んでいる頬を緊張させるために脳に命令をだします。頬を緊張させるには、筋肉や神経も緊張させなくてはなりません。その状態が続くと言うことは、交感神経がいつでも活発化しているということになりますので、休まる時間がなく、眠れないということになります。
眠るために副交感神経を活発化させなくてはならないのでこのままだとダメですよね。

しかし諦めないでください。マウスピースなど専門のものを使うことにより症状を軽減することが可能になるようです。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。