2008年09月05日

起床時間による不眠症対策

現在、不眠で悩んでいる人は相当いると思います。その悩みの深さは思っているより深いと言えるかもしれません。

不眠症の種類には入眠困難と言う布団に入ってもなかなか寝付けない症状のものや、中途覚醒という夜中に何回か目が覚めてしまう症状や、早朝覚醒と言う、起きる時間が異常に早いという症状などさまざまあります。

この中でもなかなか寝付くことができない入眠困難の症状を訴える人が多いようです。

不眠症になる原因と言うのはさまざまあると思います。しかし生活習慣を少し改善するだけで、不眠症の症状が軽減されることもあります。

例えば丸一日体をあまり動かさずに、ぐうたら過ごしていたり、寝る時間も眠気に任せていたりするためについつい朝方まで起きていて寝て昼頃起きるなどしているのが日常だとします。
まぁこれは極端な例だとしますが、明らかに運動不足と寝すぎが見てとれます。
こういう状況の場合は、だらだらさが身に付いているため、夜なかなか寝付けなかったりする場合が多いようです。

で、運動すれば体が疲れて眠れるだろうと夜寝る前に運動をしても逆に体が興奮してしまって寝付けなくなってしまう場合があるので、同じ運動でも昼間にウォーキングなど軽めに行い、適度な運動をするように心がけましょう。
そうすることで心地よい疲れが得られると思いますので寝付けるようになるでしょう。

また、朝起きる時間をきちんと決めることで体内リズムが整えられ、夜寝るリズムも整えられてくると思いますのでぜひ生活習慣の改善から行ってみてはいかがでしょうか。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。