2008年09月05日

不眠症について

不眠症ほど深刻化はしてないけれど、なかなか寝付けない日が多いなど、不眠に関する悩みは今や5人に1人は症状を持っているのではないかと言われているほど多くの人が悩んでいるものだと思います。

不眠症の種類には以下のようなものがあるとされています。

「入眠困難」という寝付きは悪いけど寝てしまうと朝まで起きない症状のタイプ。

「中途覚醒」という寝付きはいいけど途中何回も目が覚めてしまって結局寝た気がしない症状のタイプ。

「熟睡困難」という眠りが浅く、睡眠時間が長い割には眠気が収まらない症状のタイプ。

「早朝覚醒」という自分が起きようと思っているずいぶん前に起きてしまい、そのまま眠れなくなってしまう症状のタイプ。

このような不眠症を引き起こす原因として、以下のようなことがあげられます。

仕事や学校、人間関係などでストレスや緊張を感じてしまい、神経が緊張してなかなか寝付けないなどの症状を引き起こしてしまう場合があります。

寝るときの環境が暑すぎたり寒すぎたり、明るすぎたり、枕が高すぎたり、外の音がうるさかったりなど寝るときの環境が悪いことが原因となる場合もあります。

お茶やコーヒーなどに含まれているカフェインは不眠を促す場合があるために、特に寝る前に摂取したために眠れなくなってしまうなどが原因の場合

など様々な種類や原因があります。自分が該当するかどうか見極め、きちんと判断をしてもらいよい対策をするように心がけましょう。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。