2008年09月05日

不眠症には種類がある

不眠症にはさまざまな種類があります。原因もさまざまですが精神疾患(うつ病、統合失調症など)や無呼吸症候群などの病気が原因となっている場合もあります。しかしもっとも多い原因としては精神的なストレス・緊張が原因となっているものだと思います。

不眠症が長期化すると大変な症状を引き起こしていくと思いますが、だいたいの不眠症に関しては一過性のものだと思いますので、悩みすぎず気楽にリラックスした状態で構えるのが早く治る秘訣だと思います。

【入眠障害】
不眠症の中でも一番多くの人が悩んでいる症状で、布団に入ってもなかなか寝付けない症状の事を指します。このタイプは寝つきが悪いですが、一度寝てしまうと朝まで起きないという傾向もあるようです。

【熟眠障害】
このタイプというのは、寝つきは悪くは無いのですが、眠りが浅いために熟睡ができません。ですから睡眠時間は長時間でも目覚めも悪く疲れが取れにくいのが特徴として挙げられると思います。

【中途覚醒】
夜中に何度も目が覚めてしまう症状です。トイレにおきるのならばいいのですが、なんにも無いのに目が何度も覚めてしまうので、逆に疲れてしまうとか、そういう症状が挙げられると思います。

【早朝覚性】
朝、自分が思っている時間よりもかなり早く起きてしまってそのまま二度寝ができない状態の事を指します。特に寝付きも悪くなく、熟睡もしているのだけど長時間眠れないタイプの場合が多いです。

ご自分が不眠症ではないか?と感じたら、無理をせず悪化する前に専門の病院などで診断を受けるようにした方がいいと思います。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。