2008年09月05日

不眠症の意味

不眠症というのは、読んだ意味のとおりなかなか眠れない症状、状態のことを指しています。

よく言うこととして、コーヒーやお茶などカフェインが入っているものを夜寝る前に飲むと眠れなくなるということがありますが、確かに眠れなくなる場合もありますが、不眠症で悩んでいる人のほとんどが眠れないということを気にして気にして、気にしすぎることによる神経症的なものであることが多いと思います。大体はストレスを過剰に感じている場合になる場合が多いです。

そのストレスというのは、例えば家族が死んでしまったり、仕事でトラブルがあったり、恋人と喧嘩したりなど、悲しみや不安を急に抱えてしまうと眠れなくなる場合があります。だいたいは時間がたったり、悩みが解決したりすると眠れるようになるものですが、中にはこのまま眠れなくなってしまうのではないかという別の不安が押し寄せてきてしまって、不眠症に陥ってしまうケースもあります。更にうつ病になったり、抑うつ的になったりするケースもあります。

また、不眠症の人の場合は昼間に起きているときに眠くなったりしますよね。そうして寝てしまうと夜寝る時間にまた眠れなくなったりするなど、悪循環に陥ってしまう場合もあります。

こういう不眠症を病院などで治療する場合は、睡眠薬などを処方されることが多いと思います。短期間服用するならかまわないと思うのですが、人間の体というのは薬とか定期的に行うことに関して慣れというものが生じるものです。ですから睡眠薬も飲み続けることによって、だんだん効果が薄れてきて量が増えてしまったり、強い薬に変えたりということになりかねなくなります。

ですから、お医者様とよく相談をして、不眠の原因を追究しそれに合う治療をしてもらうようにしていくのが不眠を健康的に治療していく方法なのではないでしょうか。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。