2008年09月05日

動悸や息切れ

わたしたちは、日常、ふつうに生活しているとき・・・過激な運動をした場合は別にして、特に、安静にしているとき・・・には、自分の心臓の拍動を自覚しません。
「動悸(どうき)」とは、心臓の拍動を自覚することをいいます。
安静時に突然、動悸を感じた場合にまず考えられる理由は、心臓の「不整脈(ふせいみゃく)」です。不整脈とは、心臓の収縮のリズムが乱れた状態をいいます。脈の乱れや胸部の不快感などを伴い、当人にとってはつらいことも多いのですが、治療の必要がないものもあります。その一方で、重篤な心臓病の兆候のこともあります。

不整脈と考えられる疾患

心臓病や呼吸器疾患の場合には、動くと動悸や息切れを感じることがあります。
また、バセドウ病や褐色細胞腫などの内分泌疾患でも動悸を感じることがあります。
心臓神経症や自律神経失調症の場合、特に心臓に障害はなく、不安やストレスによって
動悸およびそのほかの症状があわれます。

動悸や息切れを感じた場合には、そのほかの症状・・・発熱、胸痛、顔色の変化、および咳などの症状に注意して観察してください。たとえば、夜中に突然、咳き込み、息苦しいといった症状がある場合、気管支喘息あるいは心臓喘息の発作である可能性が考えられます。のどがゼーゼーとして、痰が絡まったような咳が出るのが特徴です。
そのほかにも、重篤な糖尿病や尿毒症、脳の呼吸中枢の異常などで特有の呼吸の症状が現れることもありますので、専門の医師の診察を受けることをお勧めします。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。