2008年09月05日

不整脈の薬物療法以外の治療法

心臓の収縮のリズムが乱れた状態を不整脈といいます。

不整脈には、その症状から、1.脈が増えるタイプの不整脈(頻脈型不整脈)と、2.脈が少なくなるタイプの不整脈(徐脈型不整脈)に大きくわかれます。それぞれのタイプはさらにいろいろな種類にわかれます。

不整脈のなかには心配のいらないものもありますが、重い心臓病の兆候として不整脈が現れる場合もありますので、専門の医師の治療を受け、適切な治療を受けることが大切です。

不整脈の治療には、薬物療法のほかに、1.ペースメーカー、2.植え込み型除細動器、3.外科治療、などの治療法があります。これらは主に、薬物療法が効力を発揮しない場合に用いられることが多いです。


ペースメーカー
ペースメーカーというのは、徐脈性不整脈を治療する目的で体内に植え込む電気刺激装置です。心臓が一定の時間以上とまったままになったときに、器械がそれを感知し、自動的に電気的な刺激を発生して心臓の収縮をおこす、というのが基本的な原理です。

植え込み型除細動器
心室頻脈や心室細動など、きわめて重症度の危険な不整脈の患者さんに対して適応される治療法です。
小型化したセンサーつきの装置を胸部に直接植え込んでしまいます。心臓にいつでも、どこでも自動的に直流通電による電気ショックをあたえ、心臓の正しい動きをうながすものです。

外科治療
不整脈が発生する原因となっている、病的な回路を外科的に切断したり、除去する目的でおこなわれる治療法です。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。