2008年09月05日

心電図

不整脈(ふせいみゃく)の検査には、一般的に心電図検査(しんでんずけんさ)が用いられます。ただし、心電図検査をおこなっても、不整脈は常時、発生しているとは限りませんので、記録をとっているときに発生せず、発見できない場合や、逆に心電図検査では、不整脈の発生が記録されたものの、動悸や息切れなど、自覚症状がない場合もあります。

心電図というのは、心臓の筋肉(「心筋(しんきん)」)が収縮するたびに発生する微弱な電流の変化を波形図として記録するものです。その波形から、心臓のはたらきや異常の有無を読み取ります。心電図は、不整脈の診断と発見のほかにもさまざまな用途に用いられます。
たとえば、近年、患者数が増加し、日本人の死亡原因の上位に位置する虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)などの発見や診断、および心肥大や心臓の診断と判定、心臓病の進行や回復状態の診断、など、です。また、治療薬の効果や副作用の診断や判定にも、広く応用されます。

ただし、一般に心電図で記録される時間は、長くても数十秒であることから、そのわずかの間に異常を発見することは難しい場合が多いという問題があります。そのため24時間、機器を携帯して心臓の動きを記録し、より詳しいデータを得るために用いられるのが、「ホルター心電図」です。通常の心電図検査では、発見できない不整脈や、心臓疾患などを発見できることがあり、診断に広く用いられるようになっています。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。