2008年09月05日

不整脈がおきたら?

不整脈(脈拍の異常)や動悸を感じたら、まずその症状が発生した状況を観察してください。そして、不整脈や動悸のほかにどのようは症状が伴っていたか、に着目します。

●その症状は、1.動いたとき(労作時)に起きました? 2.突然、起きましたか? 3.長時間続きましたか?

●不整脈や動悸のほかにどのような症状がありましたか? たとえば、呼吸困難、疲労感、発熱、胸痛または胸の不快感、発汗、空腹感、脱力感、意識障害、そのほか甲状腺の腫れや最近、やせてきた、ということはありますか?

1.労作時に動悸や不整脈が起き、それに伴って呼吸困難や疲労感が見られる場合、「心不全」が疑われます。
2.突然、急速に動悸や不整脈が生じ、それにともって、発熱と胸痛が見られる場合に疑われるのは、「急性心筋炎」です。また、同様に急速な動悸や不整脈でも、発汗、空腹感、脱力感、意識障害を伴う場合には、「低血糖症」の可能性があります。
3.不整脈や動悸が長時間続き、甲状腺の腫れややせの症状がある場合には、「甲状腺機能亢進症」という病気が疑われます。

以上の場合、いずれも一次検査として、次の検査をおこないます:
●胸部X線
●打・聴診
●赤沈・白血球検査
●CRP
●心電図
●血圧測定
●血液・尿の一般検査
●血糖値測定
●頸部X線

さらに、二次検査としては、不整脈や動悸が生じたときの状況が、1と2の場合(1.労作事に生じた 2.急速に生じた)で、心不全や急性心筋炎が疑われる場合は、「心電図」「ホルター心電図」「心エコー検査」がおこなわれます。一方、3の場合(長時間持続)は、「CT」「超音波検査」「甲状腺シンチグラフィ」「甲状腺ホルモン測定」が二次検査としておこなわれます。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。