2008年09月05日

カテーテル治療

不整脈の場合、薬物療法がおこなわれ、その効果がみられない場合に、心臓ペースメーカーや植え込み型序徐細動器の使用、および外科手術が試みられます。
不整脈に対する外科手術というのは、不整脈が発生する原因となっている、異常な箇所を切断したり、除去する目的でおこなわれるものです。

また、最近では、外科手術に代わって不整脈に対し「カテーテル治療」が試みられるようになりつつあります。末梢の静脈からカテーテル(細い管)を挿入し、心臓の内側から治療しようという方法です。

カテーテルの先端を少しずつずらしていきながら、電気生理学的検査で病巣を突き止めます。そして不整脈を発生している原因箇所を高周波通電で焼灼してしまおう、というものです。開発がおこなわれ、臨床にもちいられるようになりつつある、新しい治療法で、「カテーテル・アブレーション」と呼ばれます。

主として、頻脈性不整脈に用いられ、薬物療法が効果を発揮しない、WPW症候群などに適応されます。

*参照・・・「カテーテル」とは「細い管」を意味します。最近、よく耳にする言葉としては、「心臓カテーテル」と呼ばれる検査があります。
「心臓カテーテル」
足の付け根の静脈または動脈などから、カテーテルを心臓内まで通し、心臓内の圧力や血液の酸素含有量を調べる検査です。手術前の確定判断によく用いられます。大人では、局部麻酔でおこなわれますが、多少、危険が伴うことから入院が必要となります。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。