2008年09月05日

不整脈の型と種類

不整脈は、心臓の収縮のリズムが乱れた状態を言います。その症状から、主に次の2つのタイプにわかれます:

1.脈が増えるタイプの不整脈・・・頻脈型不整脈(ひんみゃくがたふせいみゃく)
2.脈が少なくなるタイプの不整脈・・・徐脈型不整脈(じょみゃくがたふせいみゃく)

それぞれ、さらにいくつかの種類にわかれます。

頻脈型不整脈の種類
●期外収縮(きがいしゅうしゅく)・・・脈が飛ぶような感じがし、一回単位でときどき心臓の収縮が速くなるタイプの不整脈です。
●発作性頻拍(ほっさせいひんぱく)・・・安静時に突然、脈が1分間に150〜200回以上にも増えるタイプの不整脈です。参考:正常では50〜70回前後。発作性心房細動(ほっさせいしんぼうさいどう)もよく似た症状を起こします。
●心房細動(しんぼうさいどう)・・・脈が乱れ、胸部に不快感があります。心房が小刻みに
震えているような症状を起こします。
●心房粗動(しんぼうそどう)
●心室細動(いんしつさいどう)
●心室粗動(しんしつそどう)
●洞性頻脈(どうせいひんみゃく)

徐脈型不整脈の種類
●房室ブロック(ぼうしつぶろっく)、洞不全症候群(どうふぜんしょうこうぐん)、脚ブロック(きゃくぶろっく)
・・・脈が遅くなります。房室ブロックと洞不全症候群、脚ブロックは、刺激が心臓のなかでうまく伝わらないために起こるものです。
●洞性徐脈(どうせいじょみゃく)
●洞房ブロック(どうぼうぶろっく)

●高度の徐脈・・脈が遅くなる症状があります。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。