2008年09月05日

期外収縮

不整脈とは、心臓の収縮のリズムが乱れた状態を言い、1.脈が増えるタイプの不整脈・・・頻脈型不整脈(ひんみゃくがたふせいみゃく)、2.脈が少なくなるタイプの不整脈・・・徐脈型不整脈(じょみゃくがたふせいみゃく)に分かれます。
1.頻脈型不整脈には、期外収縮(きがいしゅうしゅく)、発作性頻拍(ほっさせいひんぱく)、心房細動(しんぼうさいどう)、心房粗動(しんぼうそどう)、心室細動(いんしつさいどう)、心室粗動(しんしつそどう)、洞性頻脈(どうせいひんみゃく)などの種類があります。
2.徐脈型不整脈には、房室ブロック(ぼうしつぶろっく)、洞不全症候群(どうふぜんしょうこうぐん)、脚ブロック(きゃくぶろっく)といった種類があります。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)
脈が飛ぶような感じがし、一回単位でときどき心臓の収縮が速くなるタイプの不整脈です。不整脈のなかでももっとも多いタイプで、ホルター心電計(携帯用の心電計で、24時間の心電図を連続して記録するためのもの。一般の心電図では長くても10秒以下の記録のため、捕らえきれない不整脈が多いことから、用いられます)を使って24時間の心電図をとると、ほとんどすべてといっていいほど、多くの人に見つかります。
期外収縮は、「早期収縮」とも呼ばれ、刺激が本来とは違った位置で発生することから起こるものです。ちょうど、歩いていてたまたまそのとき、つまずいた、といった感じです。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。