2008年09月05日

注意が必要な期外収縮

期外収縮は、不整脈のなかでももっともよく見られるもので、24時間の携帯用心電計(ホルター心電図)を用いると、ほとんどすべての人に認められます。

期外収縮の自覚症状
期外収縮の自覚症状は、主に動悸(どうき)ですが、これもあったりなかったり人によってさまざまです。安静時でも、期外収縮が起こると、胸部にもやもやとしていやな感じを覚えたり、ドキンドキンとするなど、微妙な不快感があります。

期外収縮の危険性
心臓疾患を持っていない場合でも、疲労や飲酒などで一時的に期外収縮が起こります。このような場合は、本人が気にならないようなら放置しておいても大丈夫でしょう。
一方、もともと心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)、心筋梗塞、心不全などの心臓病がある人に期外収縮が起こった場合、心筋になんらかの変化が起こったなど、症状が進行したことを示します。したがって専門医に相談し、しかるべき治療を受ける必要があるでしょう。

期外収縮の治療
心電図で、心室性期外収縮の波形がそろっていない、あるいは間隔が極端に短い、何度も期外収縮が連続して起こる、といった場合、「心室細動(しんしつさいどう)」という不整脈の一種の前兆の可能性があります。この危険が考えられる場合には、冠動脈疾患集中治療室(かんどうみゃくしっかんしゅうちゅうちりょうしつ)(CCU)への入院が必要です。厳重な監視のもとで、抗不整脈薬(こうふせいみゃくやく)による治療を開始します。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。