2008年09月05日

発作性頻拍

不整脈には、大きくわけて、脈が増えるタイプの不整脈(頻脈型不整脈)と脈が少なくなるタイプの不整脈(徐脈型不整脈)があります。

さらに、頻脈型不整脈のなかに、「発作性頻拍(ほっさせいひんぱく)」という種類も不整脈があります。

正常な場合、脈は1分間に50〜70回前後です。ところが、発作性頻拍は、安静時に突然、脈が1分間に150〜200回以上にも増えます。よく似た症状を示すものとして、「心房細動(ほっさせいしんぼうさいどう)」があります。脈拍が1分間に150回を超えるような場合、発作性頻拍か心房細動のどちらかの可能性が疑われます。

発作性頻拍の種類
心臓は収縮と拡張をおこなうために、心臓自身に向かって「刺激」を発しています。発作性頻拍は、刺激が発生する位置の違いから、次の2つにわかれます:

●心房や、心房と心室の境界あたりから刺激が発生した場合・・・「発作性上室性頻拍(ほっさせいじょうしつせいひんぱく)」。
*WPW症候群の60パーセント以上に、室性頻拍が合併します。発作性頻拍の大部分は、上室性頻拍です。

●心室から刺激が発生した場合・・・「発作性心室性頻拍(ほっさせいしんしつせいひんぱく)」。
*心臓病をもつ人に多くみられます。心筋梗塞の初期、特発性心筋症、および心筋に変化が生じる病気で起こることもあり、注意が必要です。また、心不全の治療薬(ジギタリス製剤)の長期服用者に起こりやすくなるともいわれています。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。