2008年09月05日

発作性心室性頻拍の発作

発作性頻拍は、発作性上室性頻拍(ほっさせいじょうしつせいひんぱく)と、発作性心室性頻拍(ほっさせいしんしつせいひんぱく)の2種類のタイプにわかれます。
発作性上室性頻拍は、心臓にはっきりとした疾患がなく、発作がおさまればそれ以上の治療は必要ないことが多いのですが(*)、発作性心室性頻拍は、逆に心臓病をもつ人に多くみられ、心筋梗塞の初期、特発性心筋症、および心筋に変化が生じる病気で起こることがあり、より重篤で生命の危険にかかわる不整脈に発展する可能性があります。
*ただし、洞不全症候群の人に心室性頻拍の発作が起こると、発作がおさまったときに心臓が数秒以上とまってしまい、アダムス・ストークス発作を起こす危険があります。

また、発作性上室性頻拍では、深呼吸などの対処で発作がおさまる場合があるのに対し、発作性心室性頻拍の場合は、このような対処では効果がありません。したがって、電気ショックをおこなったり、抗不整脈薬を使って、積極的な治療がおこなわれます。
また、最近では、「カテーテル治療」が試みられるようになりつつあります。末梢の静脈からカテーテル(細い管)を挿入し、心臓の内側から治療しようという方法で、カテーテルの先端を少しずつずらしていきながら、電気生理学的検査で病巣を突き止めて不整脈を発生している原因箇所を高周波通電で焼灼してしまおう、というものです。これは「カテーテル・アブレーション」と呼ばれる治療法です。

発作性頻拍の場合は、不整脈の引き金となる生活上の誘因(心身の疲労、睡眠不足)を避けることも、重要な対策となります。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。