2008年09月05日

心房細動

不整脈とは、心臓の収縮のリズムが乱れた状態を言い、1.脈が増えるタイプの不整脈・・・頻脈型不整脈(ひんみゃくがたふせいみゃく)、2.脈が少なくなるタイプの不整脈・・・徐脈型不整脈(じょみゃくがたふせいみゃく)に分かれます。

頻脈型不整脈の一種に「心房細動(しんぼうさいどう)」という種類の不整脈があります。脈が乱れ、胸部に不快感があり、心房が小刻みに震えているような症状を起こすものです。
心房細動のなかにもいろいろなタイプがあります。
1.一過性で、自然に治ってしまうもの(「発作性心房細動」)。
2.慢性的に一生続くもの。
3.発作的に繰り返していて、あるときから慢性的に固定してしまうもの。
*高齢者の場合、3のタイプが多くみられ、健康そうにみえる人でもかなりの高頻度・・・20〜30人にひとり・・・でみられます。ただし、若い人でも、「僧坊弁膜症(そうぼうべんまくしょう)」がある人の場合、年数がたって病気が進行するにつれて心房細動が出てきます。

●僧坊弁弁膜症と心房細動
僧坊弁膜症の人は、心筋の変化に伴って、その半数以上に、いずれは心房細動がみられるようになります。

●先天性心疾患、特発性心筋症と心房細動
筋に変化が生じやすい病気の場合も、僧坊弁膜症と同様、心房細動を起こしやすくなります。

●心筋梗塞と心房細動
心筋梗塞の急性期に、一過性の心房細動が生じる場合があります。
そのほか、甲状腺機能亢進症でも心房細動がみられることがあります。

このように心房細動はいろいろな疾患に伴って表れることがありますが、その大部分は発作性で、ホルモン治療で心房細動も改善します。
posted by (屁)理屈オヤジ at 23:32 | TrackBack(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。